忍者ブログ




先行上映試写に行ってきました
 

バルバラ セーヌの黒いバラ


実在のシャンソン歌手バルバラの
人生を演じる女優の設定からはじまるこの作品は、
当初ブリジットという女優、バルバラ、監督、周囲の人々と
役柄を分かれて始まるのだけれど、徐々にその境界線が曖昧になり
どこからが演技かプライベートか解らなくなってくる。

途中バルバラ本人の映像が出てくるのだけれど
主演のジャンヌ・バリバールが怖いくらいに
似過ぎていて、完全に乗り移ってイタコ状態。
かろうじて喉にあるホクロでジャンヌと認識できるくらい。


この日は主演のジャンヌ・バリバール、
さらに夏木マリの朗読とトークショーがあったからこそ
映画をさらに深く鑑賞できた。

成熟、パンク、矛盾。彼女を語るキーワード。

アルノー・デプレシャン監督 『そして僕は恋をする』で
共演したマチュー・アマルリックが今回は監督・脚本・出演、
元パートナーのジャンヌ・バリバールがバルバラを熱演。 

そういえば『そして僕は恋をする』で
マチュー・アマルリックに一目惚れしたんだった。
(『ベティ・ブルー』ではジャン=ユーグ・アングラード に
 一目惚れ。今も継続して二人とも好き)

命を削り人生を歌に捧げ、辛く悲しい人生であったけれど
常に愛を求め、強く生を全うした歌手であった。

11月16日より渋谷ル・シネマで上映






















PR
 back   home   next 
  
  

   admin/write
09 2018/10 11
S M T W T F S
2 3 6
7 8 10 13
16 17 18 20
21 23 24 25 26 27
28 29 30 31
Search


忍者ブログ [PR]