忍者ブログ




ボヘミアン・ラプソディ
2018.11.12 Mon 07:00

観てきました



歌に対して燃えるような情熱は持っていても
内向的で静かな青年が どのようにしてフレディになっていったか、
そして最後までをリアルに描いています。

知られざる彼のルーツや最愛の女性であり
最大の理解者のメアリー、最後の恋人ジム、
父親への引け目や家族との関わりは
彼を愛で満たしたり 孤独に拍車をかけることでもありました。

一番の盛り上がりは間違いなくライブ・エイドで
臨場感ありすぎて血がゴボゴボして興奮したし
周囲の観客の男性たちも涙していて。(わかる

命を燃やしながら歌う「ボヘミアン・ラプソディ」の
歌詞は彼の最後の生きざまを表わしているようで、
母へ向けての遺書のようだった。

ラミ・マレックが本当にフレディ・マーキュリーに見える
イタコみたいな瞬間が何度かあって、これは爆音上映で
大合唱して拳を振り上げたい作品。

本当、面白かった。



感動に水を差すようでアレですが
面白かったのでこれもどうぞ


犬のおまわりさん with QUEEN

よくできてる。



















PR
 home   next 
  
  

   admin/write
10 2018/11 12
S M T W T F S
2
4 6 7 8 9 10
11 13 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
Search


忍者ブログ [PR]