忍者ブログ




続きです

フィンランドとエストニアの旅

フィンランド&エストニア旅日記:はじめに

フィン・エス日記① 初のフィンエアー


フィンエアーを利用した人たちの感想で
いろんな意味でさっぱりしている、の理由が良く分かった。
日本ほどのサービスはなく、基本お客が出来ることは自分でさせるし、
たまたま一緒の便に乗ってる私とあなた、な感じ。フランクでなんか面白い。

あっという間の9時間30分、空から地上へ到着、
午後15時ごろで空も暗い。

荷物を受け取りバス停を探すもなかなか
目当ての番号が見つからず、あたふたしながらも
なんとか見つけることができました。

で、最初の洗礼を受けたのがチケット。
購入するには現金ではなくクレジットカードが必要で、
その使い方もわからず旅人数名でどうすんだろうね、、と困惑。

私は現金のユーロを持っていたので
バスの運転手からチケットを買えたけれど
(通常購入より0.5ユーロ割高の5.5ユーロ)、
マシンが壊れている場合もあるので
最小限でも現金を持っていた方がいいです。
町中のチケットマシン、破損が結構ありました。

クレジットカードがないと、(割と)何もできない。
これはフィンランドにきて痛感しました。
あとスマホ。なんでもスマートフォンで対応。


そしてバスですが、声による停留場所のお知らせはなし。
バス内にある電光掲示板にスウェーデン語とフィンランド語の
停留場所名がでて、ボタンを押して止まってもらう。

わからない場合は予め運転手さんに
ここで下してください、と伝えるのがよし。
私は空港の案内所で紙に降りる場所を書いてもらったので
それを運転手さんに見せて「教えてね」といいました。

どうやって教えてくれるのかなーと思ってたら
停留所名が表示されたらそこで止まってくれた。
声によるお知らせ無しだったけれど、わかったから良かった。

1日目の宿は チープスリープ ホステル ヘルシンキ

今回の旅で宿を選ぶ条件は
・バス、トラム1本か徒歩で行ける距離
・安全で女性用の部屋があること
・できるだけお安く

空港からバス615で30分ほど、Hattulantieで下車、
まっすぐバスの進行方向に向かって2,3分歩くと
左側にある大きなビルの2,4F。

受付は多国籍で特にアジア人女性は親切にしてくれた。
女性用ドームで朝食付き20ユーロは安い。
寝具は2種類のIKEAで可愛い。

手続きを済ませ、通りを歩いてみるとこんな感じ

無駄な照明がなく暗い


宿の近くに和食カフェっぽいもの発見


いらっしゃいませ 歓迎する!


ベッドタウンなのかお店も人もいないので
宿の下にあるスーパーで水とヨーグルトを調達


イチゴヨーグルト、ちょっと合わなかった、、

1日目くたくたで終了。




















PR
 next 
  
  

   admin/write
11 2018/12 01
S M T W T F S
2 3 6
9 11 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
Search


忍者ブログ [PR]