忍者ブログ




2013年の過去記事を改めて。
※2016年3月1日より269g サービス終了に伴い、
手作業で今残しておきたい記事を移行しています。


今回はブラックフォーマルについて。

ジャケットやコサージュなどのアクセサリーで
お祝いの席でも着用できるフォーマルウェアですが、
今回は喪服としての話題です。

なんとなく縁起でもない気がして
買うタイミングを見失いがちなのが、このテのもの。

とはいえ いつなにがあるかわからないのが喪なので、
ひとつは揃えておいたほうが無難な衣類だと思います。

私も新しく買い換えようと、
お店に行っては試着を繰り返して探している最中。
(この後ベーシックなワンピース+ジャケットを購入)


昔はデパートなどで高価格だったフォーマルも 
今はだいぶお手頃価格になり、着脱しやすい
前ジッパーなど 工夫がされているものがとても多く驚いています。

安いものでも頻繁に買換えするものでもないし、
販売員さんにあれこれ質問をしてきたので、メモ。


・スカートのほうがパンツより格が上。
基本ワンピース+ジャケット

・着席したときに膝が見えないよう、
野暮ったいと思っても長めのスカートで

・必ず試着して、アームホールがきつくないか、
ウエストにゆとりがあるかチェック

・もし着心地や見た目に無理がなければ、
ひとつ上のサイズも考慮する  
※女性の場合は妊娠で体型に変化があることも考えて


突然の不幸に慌てるあまり、とりあえずのものや
気に入らないものを買ってしまうお客様も少なくないそうです。

そういうことはできるだけ避けたいので、
余裕があるときの準備が大切。

ブラックフォーマルに加えて必要なのが
フォーマルバッグ、お数珠、真珠のネックレス(基本白真珠)、
ストラップなしのベーシックな黒パンプス。
パンプスに関してはさっと脱げるようなもの。

更にあればよいのが黒のサロンエプロン
(実は白い割烹着が汚れないのでベスト)、黒の布バッグ。
(思いがけずに形見分けや何かをいただくことがあるので)

若ければ許される部分もあるでしょうが、
ある程度年齢を重ねてきたり、所帯持ちなら
当然 自分だけでなく、周りも恥をかくことがあります。

これこそ偏見であったり
勝手な常識にしばられていることかもしれませんが、
深い悲しみのときには混乱して怒りがあることもあり
他者や物事に寛容でなくなります。

また、お祝いの席なら笑いごとにできることでも
こういうときは皆が一様に目が厳しいです。
本家の長女として散々お手伝いした経験で感じたことです。

フォーマルマナーで検索すると、更に詳しく紹介されています。
男性に関しては黒スーツに黒ネクタイと、通常のスーツと
ほとんど変わらない形なので、女性のみの話でした。



















PR
 back   home   next 
  
  

   admin/write
07 2018/08 09
S M T W T F S
3 4
6 7 9
12 13 14 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
Search


忍者ブログ [PR]